池江、コロナと闘う人へ激励メッセージ…五輪イベントで朗読へ

読売新聞 / 2020年6月30日 20時4分

池江、コロナと闘う人へ激励メッセージ…五輪イベントで朗読へ

 東京五輪・パラリンピック大会組織委員会が、延期された五輪の開幕1年前にあたる7月23日に国立競技場でイベントを開催し、その中で白血病からの復帰を目指す競泳女子の池江璃花子(ルネサンス)がメッセージを朗読することが30日、大会関係者への取材でわかった。闘病生活を経て再び競技と向き合う池江を起用し、新型コロナウイルスに苦しむ人々を激励したいとの考えがあるとみられる。

 関係者によると、池江はウイルスの終息を目指して活動する人や大会開催を信じて待っている選手、観客に向けた思いを言葉に込め、国内外に発信するという。組織委は感染拡大防止の観点からイベントは無観客で実施し、華美な演出も控える方向で調整を進めている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング