【コロナに勝つ! ニッポンの会社】J1スタジアム売店にAI搭載レジで「非接触」実現、タッチパネルをタッチレス化実用も

J-CAST会社ウォッチ / 2020年7月31日 15時45分

ウィズコロナ時代のキーワードの一つ「非接触」。新型コロナウイルスの感染拡大の原因となる「人との接触」や、他人が触ったものを重ねて触ることを避けられるサービスが注目の的になっており、新たな技術の開発や導入が盛んだ。

J1 大分トリニータの本拠地で

2020年7月10日から観客を入れて試合を開催しているサッカーJリーグ。J1大分トリニータの本拠地、昭和電工ドーム大分(大分市)の売店トリズキッチンに、鹿島アントラーズ戦が行われる8月1日から、AI搭載レジ「ワンダーレジ」が常設される。

ワンダーレジは、大分トリニータのユニホームスポンサーで、ソリューション事業などを行っているサインポスト株式会社(東京都中央区)が開発した高機能セルフレジ。2017年7月から実証実験を行い、19年から東京都内のコンビニエンスストアなどが導入している。昭和電工ドーム大分のトリズキッチンでも、昨年12月の試合開催時に試験的に配置された。

ワンダーレジは、据え置きタイプのボックス型。購入する商品を精算台に置き、交通系ICカードをタッチして決済する。決済では、流通系の電子マネーも使える。サインポストは、「シンプルでスピーディな買い物方法を提供し、レジ待ちの混雑を緩和するとともに、人に接触しない新しい買い物方法を実現」としている。

モニターに触らず操作

鉄道駅の券売機をはじめ、さまざまな場所で入場券や食事券の販売機がタッチパネル化されて利便性が向上しているが、コロナをきっかけに、タッチパネルをタッチレス化する開発、研究も広がっている。

エレクトロニクス分野の専門商社、新光商事株式会社(東京都品川区)は、タッチパネルのモニターに取り付け、モニターに触れることなく非接触でタッチ操作ができる「ノータッチフレーム」を開発。NECマグナスコミュニケーションズのタッチパネル式券売機に取り付ける実証実験を始めた。7月29日の発表。

新光商事の「ノータッチフレーム」は、タッチパネルのモニター部分に機能を追加して使う。イメージセンサー測位の読取方式を採用しており、目的のアイコンの上で指を払うように「フリック」をすることでタッチパネルを操作できる。モニター面から約35ミリ離れた空中でアクションをして機械の動作を促す。

新光商事は「ウィズコロナとして求められる『新しい生活様式(ニューノーマル)』に対応した非対面・非接触決済の実現をめざす」として、2020年9月中の製品化を予定。店舗や施設などの館内案内、オーダー端末、券売機、銀行ATM(現金自動預け払い機)、病院の受付端末などでの使用を想定している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング