松潤の話題一色に染まる...。名古屋公演の時、わらび餅「何でないんだよ!」とブチ切れ、凍り付くスタッフ。最年少なのにいつも振り回されるのだった...

J-CASTテレビウォッチ / 2020年8月31日 19時0分

「嵐ツボ」(2020年8月27日夜7時57分~・フジテレビ系) お正月恒例の特番バラエティーがゴールデンタイムに初進出。レギュラー番組の「VS嵐」から長々3時間の放送となった。8月30日が嵐・松本潤の誕生日ということもあり、両番組は松潤カラー一色に塗りつぶされた。「嵐ツボ」では、嵐の歴代マネジャーの暴露する爆笑エピソード、嵐の男性ファンと嵐が競う嵐愛クイズ、霊視お笑い芸人による嵐金運ランキングなどが発表された。

「寒くない?」「乾燥してない?」温度と湿度にことのほかうるさい松潤

一番長尺だったのは、累計発行部数4億7000万部を突破した人気漫画「ONE PIECE」とのコラボ企画。同漫画の大ファンの松本が今一番やりたいことから決定したそう。漫画家の尾田栄一郎氏との対談や「ARASHI:Reborn」の嵐似顔絵作画の苦労話、尾田氏が選ぶランキングなどを紹介。最後には、松本が同氏の連絡先をゲット、大喜びする姿が映し出され、公私混同な雰囲気に包まれていた。 歴代マネジャーによる嵐の知られざるエピソードの暴露コーナーは、クイズで出題され、各人が答えをひねり出した。①二宮和也は冷たい飲み物と○○を用意して、ゲームの話を振ると上機嫌になる。答えは「Wi-Fi設備」。ゲームのために必要不可欠だからだ。

②松本の口癖は「ちょっとこの部屋寒くない?」で、冬場は○○に変わる。答えは「ちょっとこの部屋乾燥してない?」で、温度と湿度にことのほかうるさいらしく、二宮がいかに口うるさいかを茶化してみせた。部屋で加湿器をガンガンにかけさせた結果、松本が「俺の服がびしょびしょじゃねーか!」と怒鳴りあげるのがワンセットになっているらしい。嵐いちの演技力で再現し、一同大爆笑だった。

③松本に電話で「これでいいですか?」とマネジャーが確認した時の返事は「はいよーん」。松本によれば、「理解」と「了解」というのもあり、前者は文字通り「わかった」で、後者は「内容を理解し、了承しました」の意味だそう。マネジャーは松本用語事典が必携だ。

④松本のマネージャーが現場でいの一番に探す○○は何?答えは「電子レンジ」で、松本が通うジムが作る特製弁当を温めるためだそうだ。

松潤に忖度、ゴマすりながら番組制作のフジテレビ?

松本については、こんなエピソードも飛び出した。名古屋公演で楽しみにしていたわらび餅が用意されてないことを知った松本がブチ切れ。何とか手に入れて休憩時間に出したところ、態度が豹変、超ご機嫌になったという。松本は昨日あったものが今日はなく、「なんでないんだよって、信じらんない!」と独り言を言っただけと言い張った。だが、マネジャーによると、「開口一番の言葉で楽屋が凍りつきました」というから、かなりの迫力だったのだろう。

どうやら松本は思ったことをすぐ口に出すタイプで、その発言力は嵐イチ。物事にこだわりが多く、自分の思い通りに行かないとすぐに癇癪を起こすようだ。当然嵐メンバーもスタッフも松本の一挙手一投足を注視しているため、印象は強烈だ。松本に忖度、ゴマすりながら番組を制作するフジテレビといい、最年少メンバーに毎度振り回され、今では長いものに巻かれるに至った4人の力関係がのぞく内容となった。

知央   

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング