「アンサング・シンデレラ」患者が薬剤師の顔に吐きつけるシーンに非難殺到!「ホラーか?」「患者が薬剤室に入り込むなんてあり得ない」「病院ドラマのリアリティーがゼロだ」

J-CASTテレビウォッチ / 2020年9月11日 10時57分

写真

「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(フジテレビの番組ホームページより)

石原さとみ主演の薬剤師ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(フジテレビ系)第9話が10日(2020年9月)に放送された。先輩薬剤師の瀬野章吾(田中圭)が末期がんであることがわかり、主人公の葵みどり(石原さとみ)に後を託すという感動のストーリーのはずだったが...。

薬物依存の女性患者が汚物を主人公の顔に吐き戻すわ、調剤薬局に入り込んで薬を盗むわという恐怖の展開に、ネット上では「これはホラーか?」「患者が薬剤室に入り込めるわけがない」「病院ドラマとしてリアリティーがゼロだ」という猛批判が起こっている。

「あれは薬剤師ではありません、看護師の仕事です」

物語は、薬剤部副部長・瀬野章吾(田中圭)が廊下で部下の葵みどり(石原さとみ)の目の前で激しく吐血して昏倒した。瀬野は「逆流性食道炎だった」と言って仲間たちを安心させるが、実はステージ4の末期がんだった。余命いくばくもない瀬野は、仲間たちに「俺の治療と薬のことはすべて葵みどりに任せる」と宣言する。

一方、病院にバツイチの元主婦・若月陽菜(徳永えり)が搬送されて来た。葵と瀬野は、陽菜の所持品から抗不安定薬の大量の殻を見つけ、オーバードーズ(薬の多量摂取)を疑う。陽菜には、育児ノイローゼから抗不安薬依存に陥っていた。陽菜は、病室に服薬指導に葵たちに反抗的な態度を見せ、顔に薬を吐きつけるありさま。葵は陽菜を薬物依存から立ち直らせようと、別れた一人娘と会わせようとするが...という展開だった。

ネット上ではこんな声であふれた。まず多かったのが、葵のやっていることは薬剤師の仕事ではない、越権行為だという医療関係者からの指摘だった。

「ハッキリ言えば、あれは薬剤師ではありません、看護師です。看護師自身ならば、ナースコールの必要はないし、あの内容を看護記録に記入すればスジが通ります。看護師が普通にいれば、あの薬剤師の必要はないのに、薬剤師を主人公にしたドラマを作るために、意図的に看護師抜きにして薬剤師に看護師の仕事をさせているのです。もう、これ以上は本当の薬剤師に苦しみを与えることはやめてください」

「娘が石原さとみちゃん好きなので隣で見ていますが、びっくりするくらい面白くないです。フィクションでも、ナースのお仕事くらいのコメディーなら分かるけど、こんな真面目な感じのドラマで、現場の状況がいい加減に描かれているのはひどいと思います。いつか面白くなるかも?という期待はもうなくなりました。ほぼすべての問題は、患者さんが飲んでいるお薬をきちんと申告しないという一点...。毎週事件が違うとはいえ、結局そこか...という印象」

「田中圭が余命3か月に見えない。ちゃんと役作りすべきだ」

「錠剤をあんな風にむしゃぶり食う人がいるんだな。ホラーだな。葵の顔に錠剤ぶちまけた瞬間に違う病院に行くべきだ。瀬野もステージ4のがんで3か所に転移して余命3か月って?あんなに元気な余命3か月はいないでしょ。フィクションだから何でも許されるというものではない。最低限の整合性はあって然るべきだと思う」

陽菜が調剤室に勝手に入り込んだことも病院ではありえないという指摘が多かった。

「調剤室に勝手に入れないはずだ。警備員以外は無理だ。この病院は看護師の問題以前に、セキュリティーがまるでなっていない。後輩の薬剤師が患者に殺されかかったのに、瀬野は警備員にも警察にも通報しなかった。治療の説明や自分の余命を話す事より、早急に後輩の薬剤師を助ける事を最優先しなければいけなかった」

「このドラマ、薬剤師に焦点を当てるあまり、医師は出てくるけど看護師がほとんど出てこない。看護師から抗議があって当然。薬剤室に患者が簡単に入れるなんてあり得ない。どうなっているのかこの病院。最初は薬剤師の仕事は思っていたよりすごいことなのだと思ったが、だんだんそのリアルが消えていく」

「過剰摂取の患者が自分で薬剤を管理するなんて...」

「オーバードーズの患者が病室で自分の薬を自分で管理しているのがマジ不思議ですよね。挙げ句の果てに他の患者の薬にまで手つけるわ、薬剤部には侵入可能だわ、こんな病院コワ過ぎるし、娘がかわいそう過ぎるし、わざわざ親子の再会に立ち会う葵みどりもヒマ過ぎる。心療内科に提案する治療計画書?診察できる立場でもないのに余計なお世話。田中圭の余命3か月、全く見えない。役作りしなさ過ぎ。石原さとみの演技ワンパターン。薄っぺら!」

「薬物依存の患者が飲みかけた薬を薬剤師の顔に向かって吹き飛ばすシーンは、恐怖でした。出演者の誰もマスクをしていないし、ドラマの中の世界ではコロナウイルスは存在しないという想定?だとしてもこんな撮影がどうして認められたのか。納得が行かないことばかりです」

最後にこんな声を紹介したい。

「毎回泣かせてもらって、楽しみにしていたが...今回は、まったくのド素人の私でも違和感を覚えてしまった。演者は悪くないと思うが、脚本なのか、医療監修がなされていないのか。ドラマとしては、ホラー系と見ればギリギリのレベルだったかも...。徳永えりさんがとても頑張っていただけに残念です」

(テレビウォッチ編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング