山口達也「異例の家宅捜索」はなぜ? 警視庁の狙いは...

J-CASTニュース / 2020年9月25日 11時53分

写真

TOKIOの山口達也・元メンバー

「TOKIO」元メンバーの山口達也氏(48)をめぐり、酒気帯び運転容疑での逮捕2日後に釈放されたにもかかわらず、警視庁が山口氏の自宅を家宅捜索したことに関心が高まっている。釈放後の「ガサ」は確かに異例だ。背景事情を探った。

山口氏は2020年9月22日、東京都内で酒を飲んだ状態でバイクを運転したとして、道路交通法違反(酒気帯び運転)の疑いで警視庁に現行犯逮捕された。信号待ちをしていた車に追突する事故を起こし、呼気から基準の5倍のアルコールが検出されたという。

担当記者、「警視庁は相当悪質と見ている」

各メディアの報道によれば、警視庁からの事件送致を受け、東京地検は山口氏の身柄の勾留を請求したが、東京地裁は24日に勾留を認めない決定を出した。地検は決定を不服として準抗告したが地裁は退け、24日夜になって山口氏は釈放された。

家宅捜索は釈放から約1時間後、山口氏が自宅マンションに戻ったすぐ後から本人立ち会いの上で始められ、日付が変わる直前まで行われた。

捜査関係者は「容疑者の釈放後の『ガサ』は確かに異例だ」と話す。全国紙の警視庁クラブ詰め記者は背景を解説する。

「警視庁は、今回の事件を相当悪質と見ています。現場周辺の防犯カメラや後続車のドライブレコーダーの映像から、(山口氏が)ふらふらと蛇行運転を繰り返していた様子が映し出されたように、山口氏は相当酔っていました。検出されたアルコール量からも、本来は『酒気帯び』ではなく、より罪が重い『酒酔い運転』の容疑で摘発すべきだった事案だと思います」

各メディアの報道によれば、山口氏は警視庁の調べに対して、「自宅で焼酎をロックで5、6杯飲んで寝た。その後の記憶はなく、翌日起きて自宅を出た時も、体がだるく、酒が残っている自覚はあったが、事故さえ起こさなければ大丈夫だろうと思っていた」などと供述しているという。

供述に矛盾か 今後、どうなる?

一方、先出の警視庁詰め記者によれば、山口氏は24日になってこうした供述の一部を翻したという。

「供述では『自宅で焼酎をロックで5、6杯飲んでから寝た』ということですが、呼気から基準の5倍のアルコールが検出されたのは翌朝の事故時です。いくら何でも検出されたアルコール量が多過ぎです。捜査員は供述に矛盾があるとみていて、捜査を続ける必要があると見ています」

ツイッターでは、薬物の影響を疑う投稿も相次いでいるが、警視庁詰め記者はこれを否定する。

「報道各社から『薬物は検出されたか』という質問はありましたが、警視庁は明確に『検出されていない』と否定しました。実際、捜査は交通捜査部門が担当しており、薬物捜査を担う組織犯罪対策部は関わっていません」
「釈放後の家宅捜索は、事件の悪質性に鑑み、今回の件を任意捜査でも立件するつもりがあるからでしょう。今後、在宅のまま起訴する事態はあり得ます。また警視庁としても、『元芸能人だから釈放した』と批判されないよう、強い姿勢をアピールする狙いもありそうです」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング