【ワイドショー通信簿】白石麻衣の卒コン、番組で盛り上がったのは乃木坂46元メンバー・斎藤ちはるアナだけ...「同期だったのが夢みたい」 (モーニングショー)

J-CASTテレビウォッチ / 2020年10月29日 12時33分

「卒業ですね」と司会の羽鳥慎一。「きのうは配信ライブ見て涙してました。同期なんですよ、私。同期だったのが夢だったんじゃないかと思うくらい、彼女は輝いていましたねえ」。アシスタントの斎藤ちはるアナは興奮している。斎藤は乃木坂46の元メンバーだ。

番組冒頭で取り上げたのは、きのう28日(2020年10月)に配信された乃木坂46の不動のセンター、白石麻衣の卒業コンサートの様子だった。玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)は「これ1回だけなの? コンサートは」とほとんど関心がなさそう。

羽鳥慎一「高木さん、どうですか、こういう若い人は?」

斎藤「そう、きのうで終わりです」

羽鳥「だいぶ前から(卒業コンサートは)言っていたのですけど、コロナで遅れちゃった。本当だったら、いっぱいお客さんがいる中でやりたかったんですけどね。(ABEMA)配信でやったんです。そういう時代なんです。どうですか、高木さん、こういう若い人たちは」

高木美保(タレント)「えっ、その聞き方、ちょっといま、グサッてきたわ。ドラマ拝見していて、すごく素敵だなと思っていて、ステージの彼女を見るのは初めてです」

羽鳥「これからは、違った活動もしていくんだと思います」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング