M-1閉幕の裏で... 千鳥・大悟の、ラストイヤー敗退コンビへの「ねぎらい」が「優しさ泣ける」

J-CASTニュース / 2020年12月21日 14時34分

写真

M-1直後の「テレビ千鳥」で見せた「大悟の労い」に反響(画像はテレビ千鳥公式サイトより)

マヂカルラブリー(野田クリスタルさん、村上さん)の優勝で「M-1グランプリ2020」(テレビ朝日系)が幕を閉じた直後、お笑いコンビ・千鳥の大悟さんが見せた行動に反響が広がっている。

M-1の放送終了後、一部生放送となった「テレビ千鳥」で、今大会がラストイヤーながら準決勝で敗退したコンビ・学天即にダウンジャケットと新幹線のグリーン券をプレゼント。「いじり」を交えながらも、「最後の戦い」を終えた敗者を労った。

「ラストイヤーじゃないみたいでした」

2020年12月20日放送の「テレビ千鳥」は、M-1グランプリの放送が終わった30分後、22時40分から放送が始まった。今回の企画はサンタクロースに扮した大悟さんが、「2020年に不運な目にあった芸人」を直撃し、プレゼントを手渡すというもの。番組前半ではタレント・木下優樹菜さんと離婚したFUJIWARA・藤本敏史さんや、相方・木下隆行さんが芸能事務所を退所したTKO・木本武宏さんに対し、大悟さんが労いの言葉とともに様々なプレゼントを送った。

番組後半では、千鳥の2人がテレビ朝日内で生放送ロケを敢行。大悟さんが「どうしても(プレゼントを)渡したい奴がおる」と言って向かったのは、今大会のM-1で準決勝敗退、敗者復活戦でも4位に終わった学天即(よじょうさん、奥田修二さん)の2人だった。

突然の訪問に困惑する学天即を前に、大悟さんは「今日はマヂカルラブリー以外は全員悔しい思いをしたと思う。でも、みんなあんまり気づいてないけど、お前らだけ(結成)15年目やったなぁ」としみじみ話す。

現在のM-1には「結成15年目以内」という出場制限がある。学天即は2005年結成のコンビ。大悟さんが言った通り、準決勝以上に進出したコンビの中では唯一の「ラストイヤー」だった。これに、奥田さんは「ラストイヤーじゃないみたいでした。触れられないから」と正直な思いを漏らした。

「新幹線でやぁ、B席とかきついやろ」

大悟さんは、学天即の2人が敗者復活戦で寒そうにしていたという理由で「ノースフェイス」のダウンジャケットをそれぞれプレゼント。そして、

「2位のおいでやすこがも、見取り図も、全員悔しかったと思う。でも、お前らだけラストじゃ!」

と、声を荒らげ、持っていたプレゼント袋を壁に投げつけた。これにはよじょうさんも「僕らより悔しがってますよ」と困惑。大悟さんは「今のボケで(袋の)中の花瓶が割れてビチャビチャになってる」と密かにハプニングが起きたことも明かした。

さらに大悟さんは「ワシらもやぁ、敗者復活で(負けて)ノブと何回も(大阪に)帰ったわ。決勝でも滑って帰って。あんときのやぁ、大阪帰るときにやぁ、新幹線でやぁ、B席とかきついやろ」と自身の「M-1」での思い出を語り、新幹線のグリーン券を2人に渡した。

ノブさんも「大悟サンタ的には、ラストイヤーで(決勝に)行けなかったのが一番辛いって(思っている)」と大悟さんの気持ちを代弁した。ただ、大悟さんは「敗者復活、全組見てん。ちゃんと4位くらいやって」と現実的な指摘も。これに奥田さんは「(3位の)ぺこぱには勝ってんすよ」とツッコんだ。

大悟さんの「いじり」を交えた2人への「労い」に対し、ツイッター上では「大悟はほんまに後輩想いやなあ」「ラストイヤーで誰よりも辛いだろって大悟サンタの優しさ泣ける」「心が温かくなりました」「学天即の今後に幸あれ」と反響が広がった。

×

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング