1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

TBS朝8時ワイドショー戦線離脱! バラエティ「ラヴィット!」麒麟・川島MC正式発表! ネットでは期待とがっかり感が交錯

J-CASTテレビウォッチ / 2021年2月1日 16時56分

TBSはきょう1日(2021年2月)、朝8時からのワイドショー「グッとラック!」に代わり、新しいバラエティ番組「ラヴィット!」を3月29日(月)からスタートさせると公式に発表した。MCはお笑いコンビ麒麟の川島明が務め、タッグを組むのはTBSの田村真子アナウンサー。父親は田村憲久厚労相で、現在「クイズ! THE違和感」「まるっと! サタデー」などを担当している。

朝8時台は、テレ朝「羽鳥慎一モーニングショー」、日テレ「スッキリ」、フジテレビ「とくダネ!」のワイドショーがひしめく激戦区。

TBSはかつて「みのもんたの朝ズバッ!」が好調の時もあったが、岡江久美子さんの「はなまるマーケット」終了後、国分太一を起用した「いっぷく」が続き、それも視聴率低迷に悩んだ。さらにリニューアルしてニュースを中心にするワイドショー路線を復活させ「白熱ライブ ビビット」(MCは国分)にしたものの低調のままに推移。さらに2019年9月からの「グッとラック!」も低迷し、迷走状態が続いている。

チーフプロデューサーは「笑いを届けるバラエティ番組」を強調

新番組「ラヴィット!」の小林弘典チーフプロデューサーは「この番組ではニュース、ワイドショーを一切扱いません。日常がより楽しくなる情報を"笑い"とともにお届けします。バラエティ番組です」とコメント。ワイドショー路線から離脱し、バラエティ番組に徹する宣言をしている。

この発表に、ネットでは「どこを見てもワイドショーだから、ほっこりするかも」「朝から芸人ばかりのお笑いは見たくない」などと期待とがっかり感が交錯するコメントが続いている。

「この時間帯のTBSは迷走してますね。視聴率や世論に配慮し過ぎて、視聴者目線でも何をやりたいのか解らない。制作側の方針がしっかりしない限り誰を持ってこようと結果は同じだと思いますけどね。これでは志らくさんが気の毒だし、川島さんだってやりずらいはず」
「どんな番組になるのでしょうか? 川島さんは柔らかい語り口で万人受けしそうですが、田村アナウンサーは、田村厚労大臣のお嬢さんでしょ。何かTBSの政治的な忖度がうかがい知れる人選かな」
「朝から芸能スキャンダルだの嫌なので、はなまるマーケットみたいな心が温まる番組になってほしいです。亡くなった岡江久美子さんも観ているでしょう。楽しみにしています!」
「とにかく一日中ワイドショーばかりなので、以前のはなまるマーケットの様な番組を期待します。川島さん、大好きです。芸人さんのなかでも穏やかで品があり、話の繋ぎ、広げ方も本当に上手だと思います」

(TVウォッチ編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング