1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. スポーツ総合

巨人田口「緊急補強」で崖っぷち? 元AKB板野友美と結婚、ヤクルト高橋が迎える正念場

J-CASTニュース / 2021年3月3日 6時0分

写真

ヤクルトの高橋奎二投手(写真:AP/アフロ)

巨人・田口麗斗とヤクルト・廣岡大志の交換トレードは、野球ファンにも大きなインパクトを与えた。

そもそも、同一リーグでのトレードは極めて珍しい。両球団の交換トレードは、76年12月のヤクルト浅野啓司と巨人倉田投手以来44年ぶり。今回は巨人が放出した選手が主力左腕の田口だったことも驚きだった。

廣岡の放出は苦渋の決断?

田口はプロ3年目の2016年シーズンに10勝、翌17年に13勝4敗と大きく勝ち越して左のエースに。18年は2勝止まりと苦しんだが、19年に救援に配置転換されると、55試合登板で14ホールドと縁の下の力持ちでリーグ優勝に貢献している。今季は先発での活躍が期待された矢先に、同一リーグのヤクルトへのトレードが決まった。

19年に10本塁打を放つなど23歳の若手成長株・廣岡を出血覚悟で出したヤクルトの決断は、投手陣強化に本腰を入れていることを意味する。

2年連続最下位に沈んだ今オフは、前人未到のトリプルスリーを3度達成した山田哲人、エース・小川泰弘、守護神・石山泰稚と主力がそろって残留したが、課題が解消されたわけではない。低迷の原因は投手陣だ。

昨季はリーグワーストのチーム防御率4.61。救援陣を見渡すと清水昇が30ホールドで最優秀中継ぎ投手を受賞し、梅野雄吾、長谷川宙輝が経験を積んでマクガフもいる。抑えの石山につなぐ陣容はそろっているが、深刻なのは先発陣のコマ不足だ。

「危機感を持たないと上位浮上は望めません」

当確と言えるのは小川、スアレス、石川雅規の3人のみ。残りの3枠を高梨裕稔、原樹理、高橋奎二、歳内宏明、金久保優斗、2年目の奥川恭伸、吉田大喜、ルーキーの木澤尚文、山野太一らで競うが、他球団と比べてその陣容は見劣りするのは否めない。

2月24日に元ソフトバンクのバンデンハークの入団を発表したのに続き、田口を緊急補強したのは現有戦力が物足りない裏返しと言える。

「若手はいつまでもチャンスがあるわけではない。19年に4勝を挙げて左のエースとして期待された高橋奎二も昨年は1勝止まり。オフに元AKB48で歌手の板野友美と結婚して話題になったが、本業で結果を出さないと。

23歳と若いけどチャンスを生かさないと1軍からお呼びがかからなくなるでしょう。他の若手を含めて自分たちが崖っぷちにいると危機感を持たないと上位浮上は望めません」(スポーツ紙ヤクルト担当記者)

バンデンハーク、田口の加入で生え抜きの投手陣たちの尻に火がつくか。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング