1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. スポーツ総合

「平成の三四郎」古賀稔彦氏死去、53歳 取材した記者が触れた「気遣い」と「人柄」

J-CASTニュース / 2021年3月24日 19時19分

写真

古賀稔彦氏(写真:望月仁/アフロ)

柔道の五輪金メダリストの古賀稔彦氏が2021年3月24日、死去した。53歳だった。

古賀氏は1992年バルセロナ五輪柔道男子71キロ級で金メダルを獲得。豪快な一本背負いを得意とし「平成の三四郎」の愛称で親しまれた。2000年に現役を引退して指導者となり、女子の日本代表コーチを務めるなど柔道の発展に尽力した。

試合直前のアクシデントに日本中が悲観したが...

古賀氏は小学1年生で柔道を始め、中学1年で上京し柔道の名門私塾・講道学舎に入門した。世田谷学園高時代にはインターハイなど数多くのタイトルを獲得し、日体大に進学後は国際舞台でも活躍し、88年ソウル五輪に71キロ級代表で出場。メダル獲得が期待されるも五輪初出場は3回戦敗退に終わった。

92年バルセロナ五輪で悲願の金メダルを獲得。古賀氏の金メダル獲得劇は「バルセロナの奇跡」として今でも語り継がれている。

それは練習中の一瞬の出来事だった。

すでにバルセロナ入りしていた古賀氏は、78キロ級代表の吉田秀彦とのけいこ中に左ひざを負傷。「じん帯損傷」の重傷だった。左ひざに力が入らず歩くことさえ困難な状態だった。金メダル候補の試合直前のアクシデントに日本中が悲観したが、古賀氏は気迫で金メダルを手にした。

古賀氏は口癖のように「選手が主役ですから」

2大会連続金メダルが期待された96年アトランタ五輪では78キロ級で銀メダルを獲得。その後、2000年シドニー五輪出場を目指すも願いかなわず現役を引退して指導者となった。

記者は古賀氏の現役晩年あたりから取材するようになり、どちらかといえば古賀氏を選手としてではなく指導者として取材する機会の方が多かった。

古賀氏が指導者になってから強化合宿などで取材しようとすると、古賀氏はきまって「選手が主役ですから」と言って自身は脇役に徹していた。古賀氏流の気遣いに人柄が現れていた。

代表コーチに就任当初は選手との距離感がつかめず苦労したという話を聞いたが、04年アテネ五輪ではコーチとして指導した谷本歩実が女子63キロ級で金メダルを獲得。試合直後、谷本が古賀氏に抱きついて涙したシーンは日本中に感動を呼んだ。

「子供達に少しでも柔道を好きになってもらいたい」

柔道の普及、発展のために古賀氏は自らの道場「古賀塾」でも指導をしていた。「古賀塾」が出来たばかりのころ、真新しい道場におじゃまして取材させてもらったことがある。古賀氏は当時こんなことを語っていた。

「この道場では強いとか弱いとか関係なく、子供達に少しでも柔道を好きになってもらいたいんです」

背筋をピンと伸ばし、少し照れ臭そうに白い歯をのぞかせた古賀氏の表情が今でも忘れられない。

(J-CASTニュース編集部 木村直樹)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング