1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

【ワイドショー通信簿】山梨のキャンプ場女児不明 今も続く中傷に母がとった行動(スッキリ)

J-CASTテレビウォッチ / 2021年4月16日 12時30分

写真

番組公式ツイッターより。

1年7か月前のおととし(2019年)9月、山梨県道志村のキャンプ場で行方不明になった小倉美咲さん(8歳)の母親・とも子さんを誹謗中傷したり脅迫するSNS投稿は依然として続いていて、とも子さんはTwitter社に対し、投稿者の情報開示を求める裁判を起こした。

投稿者のメールアドレスの開示など求める

きのう15日(2021年4月)、とも子さんは「スッキリ」にこう心境を語った。「家に帰ってこれなくて苦しんでいる美咲に対する中傷であったり、卑猥な言葉もネットでいくつも目にしたので、母親として、美咲を守るためにも声を上げなくてはいけないなと思いました」

投稿は「もう生きていない。あきらめたほうがいいよ」「おまえが犯人だろ」「殺すぞ」なんていうのはまだいいほうで、放送できないようなひどいものが少なくないという。

これまでに、恐喝の罪や「募金詐欺」とブログで書いた2人の男が起訴されているが、とも子さんの代理人弁護士は「最近はストレートな表現が減って、刑事告訴がかなり難しい」という。

今回の民事訴訟は、9~10月に第1回口頭弁論が行われ、来年1~2月に裁判所の判断が出る見通しだ。とも子さんの訴えが認められれば、SNSの投稿者の電話番号やメールアドレスが開示され、それをもとに刑事告訴や損害賠償請求に踏み切るとしている。

菊地幸夫(弁護士)「名誉棄損で起訴というのは、(誹謗中傷が)具体的じゃないとなかなか難しいんです。その下に『侮辱』で過料というのがあるんですが、最高額が1万円なんです。これをもっと重くするべきだと思いますね」

なによりも、美咲さんが早く見つかってほしい。

(カズキ)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング