1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

NMB渋谷、「お笑い」の間も表情も絶妙 指原莉乃を脅かす存在に!?

J-CASTテレビウォッチ / 2021年10月12日 7時0分

写真

テレビ朝日のTELASA(動画配信)サイトより

<~凪咲と芸人~マッチング(テレビ朝日系)> NMB48渋谷凪咲の冠番組がスタート(2021年10月6日未明)。渋谷の名がお笑い好きのなかで知られるようになったのは、昨年7月の「アメトーーク!」でのこと。

「小物MC芸人」回で、麒麟川島が、「あの人がいると助かる」と、ノブコブ吉村崇、松村邦洋の芸人とともに、渋谷の名を挙げた。「関西ではテレビに出ていない時間のほうが少ないくらい、どの番組でも絶対にひな壇にいる。今まで可愛らしい天然な子は多かったけど、しっかり大喜利が強い」と絶賛。そのバラエティ力を高く評価していた。たしかに、「トリニクって何の肉!?」で珍解答を連発していたが、よくある天然系アイドルかと思っていたので、正直、川島が褒める理由がイマイチわからなかった。

麒麟川島もプッシュ

さらに、今年3月の「芸人ドラフト会議」の回でも、「もし自分が深夜11時台の冠番組を持ったら?」という設定で、1位から7位までを選ぶなか、川島は「川島明の『Oh!大喜利んデス!』という架空の番組に渋谷を4位指名、「アイドルなのに大喜利が強い」と再びプッシュ。その頃には、渋谷もいろんな番組に出始め、その辺の女芸人よりオモシロいことがわかってきたが......。

そして、この番組。関西ではテレビで見ない日はないという渋谷の初の冠番組は、東京での相棒をみつけようという企画。初回ゲストは、渋谷がいろんなところで尊敬していると公言するダイアン・津田篤宏。ファンだとか尊敬するとか言っておきながら、ご本人に「(津田のことを)面白いというとなぜか現場がウケるんですよ」とか、お互いの好きなとこしりとりをしよう、と言いつつ、長い間考えて、「ないっ」と。その間といい表情といいなんとも絶妙。

東京進出するも伸び悩み気味のダイアンに対しても、「津田さんが前に出てユースケさんが面白いことを言って津田さんを輝かせて欲しいのに、東京はそれを待ってくれないので、ダイアンの面白さを出し切れていない」と分析。さらに「(ダイアンの)良さを自由に出せるような場所を持って欲しい」とアドバイスした。尊敬しているといいながら、ちょこちょこ茶化すようなことを言い、伸び悩んでいるといいアドバイス。なかなか頭の良い人だというのがわかる。

東京進出はNMBを卒業するまで考えない、と言っていたが、渋谷が東京にくれば、指原莉乃の仕事が減りそう!? なんといっても、笑いのわかる男・川島のお墨付きはデカい!

(大熊猫)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング