1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

武井壮、デマに猛抗議「誹謗中傷煽るような書き方」 無関係発言が中3刺殺への言及として拡散

J-CASTニュース / 2021年11月26日 22時0分

写真

武井壮さん(2019年撮影)

タレントの武井壮さんが2021年11月26日、「いじめ」に関する自身の過去発言が誤った文脈で拡散されていると抗議した。

ネット上では武井さんが2か月前に行った発言を、24日に愛知県で発生した男子中学生による刺殺事件に言及したものであるかのように伝える投稿が複数みられていた。

視聴者の悩み相談への回答

武井さんの発言を巡っては25日ごろから、インターネット掲示板の「5ちゃんねる」の複数のスレッドが元となり、まとめサイトやツイッターで拡散されていた。

スレッドのタイトルは「武井壮、中3殺人事件にとんでもない正論を言ってしまう」。武井さんが事件について言及したものとして煽っている。本文には、武井さんのライブ配信を切り取ったスクリーンショットが6枚ほど添付されていた。

画像をみると武井さんは「自分が成功してそいつらよりも素敵な人生を送るっていうことが最大級だと思うんだよね」などと持論を展開。右上には、「イジメの加害者に復讐をしたい」というテロップも。

ネット上ではスレッドのタイトルが事実だと信じるような反応が集まった。

しかし実際には、このスクリーンショットにある発言は、9月1日に武井さんがYouTubeで配信した「轟け!深夜のライブ!!」でのものだった。小中学生時代にいじめられた経験があるという視聴者から寄せられた悩み相談への回答部分となる。

動画内で武井さんは、加害者に復讐をしたいという思いを抱えている相談者をおもんぱかる姿勢を見せつつ、自身にいじめられた経験がないことを理由に共感は出来ないと本音を吐露する。そのうえで先の発言に至った。

「中3事件に関しては一言も言及していません」

誤った形で情報が拡散されていることに対して、武井さんは11月26日にツイッターで、

「これは捏造です」
「中3事件に関しては一言も言及していません」

と訴えた。「勝手に事件に紐付けて、あたかも私がその当事者に向けて発信したかのように掲載し、中傷を誘うものです」と伝え、続けて次のようにツイートした。

「記事を書くのは自由ですが、事実でない事で他者の信用を貶めたり、しかもその信用で仕事をしている個人事務所のタレントである私の仕事を妨害することは容認できません
掲載者の方の説明を要求します

事件の被害者の方、加害者の方、複雑な問題に心を痛める方が多くいる事件で、こんな記事で更に心痛を与える事は許せないので、即刻元記事の掲載削除、並びに当方へのご説明を要求します

何故ネットで拾った情報を『意地悪く捻じ曲げて』人の信用を貶めたり、誹謗中傷を煽るような書き方をすることがスタンダードのようなネットの一部の方々に損害を負わされなければならないのか?看過できません」

なお武井さんは25日にも同様に抗議の声を上げていた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください