1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. IT
  4. IT総合

人気ゲーム「プロセカ」、レトロ衣装が騒動に 韓国で「大正ロマン」想起と批判→現地運営が謝罪

J-CASTニュース / 2022年5月27日 16時21分

写真

プロセカ韓国版ウェブサイトより

人気スマホゲーム「プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat.初音ミク」(プロセカ)の衣装デザインが不適切だったとして、韓国の配信会社が2022年5月26日、謝罪とともに使用の見送りを発表した。

日本のユーザーからは戸惑う声が少なくない。一体何があったのか。

軍国主義を称賛?

プロセカを展開するセガなどは4月から「衣装デザインキャンペーン」と題し、「レトロ」をテーマにキャラクターの衣装デザインを公募した。

5月25日に採用作品が発表され、シックな装いでサスペンダーとリボンが特徴の「界世譚」(男性用)と、雛人形をイメージした色味の着物に黒のレース手袋を合わせた「雛人形メイド」(女性用)が選ばれた。

日本のユーザーからは「独特で美しい」「可愛すぎる」と好意的な反応が相次ぎ、実装を待ち望む人が少なくなかった。

一方、韓国内では物議をかもしている。同国では5月20日に配信を始めたばかりだったが、衣装が「大正ロマン」を想起させると反発が広がっているという。

韓国メディア「GameMeca」は、プロセカの衣装を引き合いに「大正ロマン」は批判を招きやすいテーマだとして、「当時、日本は帝国主義を利用して近隣諸国を植民地化し、物資を略奪していた。軍国主義を称賛することと何ら変わりはないと批判する強い世論がある」と注意を促している。

韓国の配信会社は26日、「日本のサーバーでのコンテスト衣装に関して多くの論争を引き起こし、多くのユーザーに不快感を与えた」としてウェブサイトで謝罪した。

カスタマーセンターを通じて多くの批判が寄せられたといい、韓国版での衣装の使用は控えると告知した。

過去にもトラブル

過去にも同様の騒動が複数あった。

スマホゲーム「アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ」が19年に「はいから大正浪漫ガシャ」と銘打った企画を発表した際、やはり一部の韓国ユーザーから反感を買った。

スマホゲーム「あんさんぶるスターズ!」が18年に実施したバーチャルライブでも、キャラクターの衣装が「大正ロマン」の文脈で糾弾された。運営会社は「大正時代の戦争をモチーフにした衣装なのではないかと、お問い合わせを頂いております」とツイッターで報告し、「(実際は)明治時代の文明開化としての洋装をイメージしております」「大正時代の戦争とは無関係であり、(中略)あんスタ!に関わる世界観、楽曲、衣装などは全て戦争と無関係ですので、ご承知いただきますようお願い致します」と釈明に追われた。

プロセカの衣装を紹介する日本版公式アカウントのツイートは、27日までに1万2000件以上引用リツイートされ、韓国語や日本語で「戦争犯罪を擁護しないでください」「"大正ロマン"として採用したなんてどこにも書いてない」「運営さん...頑張って...折れないで...」と様々な意見がぶつけられている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー:参加する
ウィークリー:参加する
マンスリー:参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください