1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

教諭、6年男児に「あいさつぐらいしろや」…介助必要な給食の量を半分に減らす

読売新聞 / 2022年8月6日 6時30分

 大阪市教育委員会は5日、児童に暴言を吐くなどしたとして市立小学校の男性教諭(39)を停職6か月の懲戒処分にした。

 市教委によると、教諭は昨年4〜6月、担任をしていた特別支援学級の6年男子児童に対し「あいさつぐらいしろや」などと発言。介助が必要な給食時に数回、早く食べ終わるよう量を半分以下に減らしていた。

 昨年11月、保護者から学校に抗議があり発覚。市教委の聞き取りに対し、教諭は「子どもの特性を考えず、配慮が欠けていた」などと話しているという。

 また、教育実習生と性的関係を持ったとして、指導を担当した市立中学校の男性教諭(38)を停職6か月の懲戒処分にした。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー:参加する
ウィークリー:参加する
マンスリー:参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください