1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

芦原妃名子さんへの追悼文が「ラッパーのよう」? 「セクシー田中さん」出演の高橋メアリージュンにSNS注目

J-CASTニュース / 2024年2月2日 21時47分

写真

高橋メアリージュンさんのインスタグラム(@maryjuntakahashi)より

漫画家・芦原妃名子さんの訃報を受け、モデルで俳優の高橋メアリージュンさんが2024年1月31日にインスタグラムのストーリーズで追悼文を投稿した、と報道各社に報じられている。その内容をめぐって、SNS上では憶測が広がっている。

Xで憶測広がる「ラッパーのよう」

高橋さんは、芦原さん原作のドラマ「セクシー田中さん」(日本テレビ系)で、主人公・田中京子(木南晴夏さん)が通うベリーダンス教室の講師・Miki先生として出演した。

ストーリーズでは、原作漫画の1コマとともに、「ショックがあまりに大きく、時間を置いた今も何といっていいかわかりません。『残念』『悔しい』『悲しい』という言葉では足りません」と、芦原さんに寄り添いつつ感謝と無念の思いを伝えていたという。

高橋さんの投稿について、Xでは、「セクシー田中さん」の脚本家によるインスタ投稿やそこに寄せられていたコメントと、内容が相対しているのではないかとの指摘があがっている。芦原さんは生前ブログで、制作側と折り合いがつかずに2話分の脚本を務めることになったとしてその経緯を明かしていた。

例えば、ドラマ最終回後の12月に脚本家が投稿した「今後同じことが二度と繰り返されませんように」との文に対し、高橋さんの追悼文は「最期の彼女の気持ちは彼女にしかわからないですが、こんな事一度として起こってほしくなかった」と、呼応しているというのだ。

ほかに、脚本家の投稿には文筆家の「私も物書きの1人として尊厳を傷つけられたお気持ち、お察しします」というコメントが寄せられていた一方、高橋さんは「newsと彼女のSNSの情報しかしらないですが、彼女の尊厳と居場所はどんな理由があっても守られるべきでした」と主張。これは、脚本家の投稿にあった同業者のコメントとして拡散されている「個人的にはあり得ないと思っています。どんな経緯があろうとです」との一文にも結び付くのでは、といった形で一連が「ラッパーのよう」などとXで騒がれている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事にリアクションする

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください