1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

18歳女子大生を刺殺の男「未遂で捕まったら被害者がハッピーなだけ」「彼女殺しちゃいました」

読売新聞 / 2024年6月11日 7時13分

伊藤龍稀被告(昨年7月1日)

 横浜市鶴見区のマンションで昨年6月、大学生の冨永 紗菜 さなさん(当時18歳)を刺殺したとして殺人罪などに問われ、10日に横浜地裁で初公判を迎えた元交際相手の伊藤 龍稀 はるき被告(23)の裁判員裁判。検察側は、伊藤被告が凶器の包丁を入手するため量販店に向かう車内で、「必ず刺さないと。未遂で捕まったら(被害者が)ハッピーなだけ」などと話すドライブレコーダーの記録を提出し、強固な殺意があったと主張した。

 検察側の冒頭陳述によると、事件の約1週間前に伊藤被告の暴力が原因で2人は別れたが、伊藤被告はその後もSNSなどで復縁を 執拗 しつように迫り、冨永さんに拒まれたため、殺害に至ったという。ドライブレコーダーには、犯行後の車内で伊藤被告が「魔が差してしまいました。彼女殺しちゃいました」などと語る様子も残されていた。

 一方で弁護側は、伊藤被告が小学生の頃、発達障害と診断され、障害が犯行の背景にあり、「全てをささげていた被害者に裏切られた心情があった」などと主張。包丁は被害者を脅すためのもので、計画性はなかったと訴えた。

 公判では、「大切で愛するさなを殺した犯人を許せない」と述べた母親の供述調書も読み上げられた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事にリアクションする

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください