イラン議員、トランプ米大統領殺害に300万ドルの懸賞金

ロイター / 2020年1月22日 0時42分

イランの国会議員がトランプ米大統領の殺害に300万ドルの懸賞金を支払うと発表した。イラン学生通信(ISNA)が21日報じた。スイスのダボスで撮影(2020年 ロイター/JONATHAN ERNST)

[ドバイ 21日 ロイター] - イランの国会議員がトランプ米大統領の殺害に300万ドルの懸賞金を支払うと発表した。イラン学生通信(ISNA)が21日報じた。

ISNAによると、ハムゼ議員は議会に対し「われわれはケルマン州の市民を代表し、トランプ大統領を殺害したものに現金300万ドルの懸賞金を出す」と言明した。

政府の宗教的指導部が懸賞金を裏打ちしているかは不明。

米国のロバート・ウッド軍縮大使は記者団に対し、懸賞金を「ばかげている」とし、イラン体制に対する「テロリストの支持」を示していると述べた。

ハムゼ議員はまた、「イランが核兵器を保有していれば、われわれは脅威を回避することができる。核弾頭を搭載できる長距離ミサイルの製造を計画にすべきだ。これはわれわれの自然権だ」と述べた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング