タイが外国人観光客受け入れ再開、中国から第1陣が到着

ロイター / 2020年10月21日 17時4分

 10月21日 タイで外国人観光客の受け入れが再開され、第1陣として20日夜に上海からの中国人旅行者39人が到着した。写真は2月20日、バンコクのスワンナプーム国際空港で撮影(2020年 ロイタ/Athit Perawongmetha)

[バンコク 21日 ロイター] - タイで外国人観光客の受け入れが再開され、第1陣として20日夜に上海からの中国人旅行者39人が到着した。スワンナプーム空港が発表した。

観光客はマスクを着用し、一部ではフェイスシールドやゴム手袋をつけている様子がテレビで放映された。

バンコクでは、反政府デモの広がりを受けて政府が集会制限を行っているが、デモ隊はこれを無視して抗議活動を続けている。

観光庁のユタサク・スパソン長官はロイターに、抗議活動があってもわが国への関心には影響していないと語った。これまでのところキャンセルや抗議活動についての問い合わせはないという。

タイ政府は、今年の海外からの観光客について、過去最高だった去年の3980万人の5分の1以下の670万人にとどまると予想している。

政府は4月、新型コロナ感染症の拡大を防ぐため商業便の運航を禁止した。タイの感染者数は3700人。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング