オバマ氏、激戦州でバイデン氏支持訴え 米大統領選終盤

ロイター / 2020年10月22日 8時46分

米大統領選まで2週間を切る中、オバマ前米大統領が21日、激戦州ペンシルベニア州で開かれる民主党のバイデン大統領候補の集会に参加し、バイデン氏への支持を訴える。2016年1月撮影(2020年 ロイター/CARLOS BARRIA)

[21日 ロイター] - 米大統領選まで2週間を切る中、オバマ前米大統領は21日、激戦州ペンシルベニア州での民主党のバイデン大統領候補の選挙イベントに参加し、バイデン氏への支持を訴えた。

オバマ氏がバイデン候補の選挙活動に姿を見せるのは初めてとなる。

オバマ氏は地元の黒人政治家や地域の人々、宗教指導者などとの討論会に参加し、バイデン氏や他の民主党候補者への投票を訴えた。

オバマ氏は「過去4年間、決して希望を失わなかった。怒りやフラストレーションを感じたことはあったが、希望は失っていない。なぜなら、まっすぐに前進する道のりは予想していなかったからだ」と述べた。

この日バイデン陣営がフィラデルフィアで予定している選挙イベントは、新型コロナ感染拡大以降で最も大きな対面式のイベントになる見通し。

バイデン氏は、出身地ペンシルベニア州での勝利を確実にするため、選挙活動で他の州よりも頻繁に同州を訪れている。

ロイター/イプソスが19日発表した世論調査によると、同州での支持率は、バイデン氏が49%、トランプ大統領が45%で、依然バイデン氏がリードしているが、トランプ氏が追い上げている。

トランプ氏は20日、ペンシルベニア州のエリーで行われた選挙集会で「ペンシルベニア州で勝利すれば、全てで勝利する」と強調した。

22日夜には両候補による最後の討論会が行われる。

*内容と見出しを更新しました。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング