ホンダ、タカタ製エアバッグ問題で米アリゾナ州と和解

ロイター / 2020年10月22日 2時42分

米アリゾナ州のブルノビッチ司法長官は21日、タカタ製の欠陥エアバッグ・インフレーター問題を巡り、ホンダの米国法人と500万ドルの和解金支払いで合意したと明らかにした。ジュネーブで昨年3月撮影(2020年 ロイター/PIERRE ALBOUY)

[21日 ロイター] - 米アリゾナ州のブルノビッチ司法長官は21日、タカタ製の欠陥エアバッグ・インフレーター問題を巡り、ホンダ<7267.T>の米国法人と500万ドルの和解金支払いで合意したと明らかにした。

この問題を巡って、ホンダは8月にも米国のほぼ全ての州で実施されている調査について8500万ドルの支払いで和解することに合意した。

ホンダは過失があったとは認めていないという。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング