1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

オープンAIとマイクロソフト、人工知能学習でノンフィクション書籍無断利用と集団訴訟

ロイター / 2023年11月22日 8時1分

 11月21日、米オープンAIとマイクロソフトが、ノンフィクション書籍を無断で人工知能(AI)の学習に利用したとして作家から集団訴訟を起こされた。写真はオープンAIのロゴ。2月撮影(2023年 ロイター/Dado Ruvic)

Blake Brittain

[21日 ロイター] - 米オープンAIとマイクロソフトが、ノンフィクション書籍を無断で人工知能(AI)の学習に利用したとして作家から集団訴訟を起こされた。

原告側の代表者で作家のジュリアン・サンクトン氏は、オープンAIが何万冊ものノンフィクション書籍を著者の許可なく、大規模基盤モデルに文書編集への対応を教えるためにコピーしたと主張し、マンハッタンの連邦裁判所に訴状を提出した。

サンクトン氏は、オープンAIに多額を投資するとともに同社のシステムを自前の製品に統合したマイクロソフトも提訴。マイクロソフトが基盤モデルの学習と開発に深く関与し、著作権違反に責任を負っていると指摘した。

同氏の弁護士は「オープンAIとマイクロソフトはノンフィクション作家への支払いを拒んでいるが、彼らのAIプラットフォームは財産価値がある。オープンAIの基盤は、著作権を持つさまざまな作品を幅広く盗んだ結果と言っても過言ではない」と非難した。

オープンAIとマイクロソフトはこの訴訟に関するコメント要請に回答していない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください