1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. 国際総合

ビオンテックとシノバック、コロナワクチンの抗体レベルに大差=香港紙

ロイター / 2021年6月21日 9時52分

6月19日、 香港英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)は香港で行われた研究で独バイオ医薬品会社ビオンテックの新型コロナウイルスワクチンを接種した人の抗体レベルは、中国製薬大手の科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)の同ワクチンを接種した人の抗体レベルを「著しく上回る」ことが分かったと報じた。写真はビオンテックのワクチンのイメージ。5月撮影(2021年 ロイター/Dado Ruvic)

[19日 ロイター] - 香港英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)は19日、香港で行われた研究で独バイオ医薬品会社ビオンテックの新型コロナウイルスワクチンを接種した人の抗体レベルは、中国製薬大手の科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)の同ワクチンを接種した人の抗体レベルを「著しく上回る」ことが分かったと報じた。

調査を主導した香港大学(HKU)のベンジャミン・カウリング疫学教授はSCMPに対し、シノバック製を接種した人の一部は3回目の追加接種が必要かもしれないとの見方を示した。

この研究は香港政府の委託でHKU医学部公衆衛生学科が実施し、いずれかのワクチンを接種した市民1000人の抗体反応を調べた。

インドネシア当局者は最近、シノバック製ワクチンを接種した医療関係者350人余りが新型コロナウイルスに感染し、数十人が入院していると警告し、感染力が強いとされる変異株に対するシノバック製ワクチンの効果に懸念が広がっている。

ウルグアイは今月、シノバック製ワクチンの実環境データで、新型コロナ感染症患者の集中治療室への収容と死亡を防ぐ効果が90%強と確認されたと発表した。同国政府はまた、医療関係者と80歳以上合わせて16万2047人を対象とする調査で、米ファイザー・ビオンテック製ワクチンの集中治療室への収容と死亡を防ぐ効果が94%で、感染件数は78%減少したと明らかにした。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング