1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. 国際総合

G7、デジタル貿易巡る原則で合意 貿易相会合

ロイター / 2021年10月23日 2時28分

主要7カ国(G7)の貿易相が22日、ロンドンで会合を開き、国境を超えたデータ利用とデジタル取引を管理する原則で合意した。(2021年 ロイター/Henry Nicholls)

[ロンドン 22日 ロイター] - 主要7カ国(G7)の貿易相が22日、ロンドンで会合を開き、国境を超えたデータ利用とデジタル取引を管理する原則で合意した。英政府がコミュニケを発表した。数千億ドル規模の国際的なデジタル貿易の自由化につながる可能性があるという。

コミュニケで「われわれはデジタル保護主義およびデジタル権威主義に反対し、デジタル貿易に対するG7のアプローチの指針となるG7デジタル貿易原則を採択した」と表明した。

デジタル貿易とは、映画やテレビの配信から専門的なサービスに至るまで、デジタルを利用して行われる商品やサービスの貿易と広く定義されている。公式データに基づく調査によると、デジタル貿易は英国だけで2019年に3260億ポンド(約4480億ドル)に達し、全体の4分の1を占めているという。

ただ、顧客データの使用に関する規則が異なる場合、特に中小企業にとってはコンプライアンスが複雑かつコストがかかるため、デジタル貿易の大きな障害となる。今回合意された原則はこうした障害を減らす第一歩となり、デジタル貿易に関する共通のルールブック策定につながる可能性がある。

コミュニケによると、原則は開かれたデジタル市場、国境を超えたデータの流れ、労働者・消費者・企業の保護、デジタル取引システム、公正で包括的かつ国際的なガバナンスをカバー。「国境を超えたデータの流れに対する不当な障害に対応するとともに、プライバシー、データ保護、知的財産権の保護、セキュリティーにも引き続き取り組むべき」とした。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング