1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

シンガポール第3四半期GDP、前年比1.1%増に上方改定

ロイター / 2023年11月22日 10時33分

11月22日、シンガポール貿易産業省が発表した第3・四半期の国内総生産(GDP)改定値は、前年同期比1.1%増加し、速報値(0.7%増)から上方改定された。シンガポールで2020年12月撮影(2023年 ロイター/Edgar Su)

Xinghui Kok

[シンガポール 22日 ロイター] - シンガポール貿易産業省が22日発表した第3・四半期の国内総生産(GDP)改定値は、前年同期比1.1%増加し、速報値(0.7%増)から上方改定された。

季節調整済み前期比では1.4%増加した。速報値は1%増だった。

貿易産業省は2023年のGDP伸び率を1.0%前後と予測。24年は1.0─3.0%と見込んだ。

同省のガブリエル・リム政策担当事務次官は会見で、世界経済の下振れリスクは依然として大きいと発言。「第一に、先進国のコアインフレが高止まりすることで、中央銀行が現在の高金利をより長く維持する可能性がある。第二に、ガザ紛争やロシアとウクライナの戦争がエスカレートしたり拡大したりすると、供給の混乱や商品価格のショックが再燃する可能性がある」と語った。

シンガポールの第2・四半期GDPは小幅拡大し、景気後退(リセッション)入りをかろうじて回避した。

ここ数カ月輸出は増加しているものの、石油以外の輸出は13カ月連続で減少している。

シンガポール金融管理局(MAS、中央銀行)は先月、インフレ率が1月の5.5%から9月に3%まで鈍化したことを受けて、金融政策を据え置いた。

MAS高官のエドワード・ロビンソン氏は22日の会見で、現在の金融政策は適切で、国内金利は世界の金利に追随すると見込んでいると述べた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください