1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. 国際総合

ドイツ政府、財政支出の大半を凍結 憲法裁判決を受けて

ロイター / 2023年11月22日 14時24分

ドイツ政府は21日、予算のうち未執行の大半の財政支出を凍結した。ショルツ首相(写真)の率いる3党連立政権は深刻化する財政危機を打開しようとしており、複数の政府高官が凍結は不可欠なステップと述べた。11月ア15日、ベルリンで撮影(2023年 ロイター/Annegret Hilse)

Holger Hansen Riham Alkousaa

[ベルリン 21日 ロイター] - ドイツ政府は21日、予算のうち未執行の大半の財政支出を凍結した。ショルツ首相の率いる3党連立政権は深刻化する財政危機を打開しようとしており、複数の政府高官が凍結は不可欠なステップと述べた。

きっかけは先週の憲法裁判所判決だった。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)対応の基金のうち、未使用の600億ユーロ(650億ドル)について、判決は気候変動対応への転用を容認しなかった。

この影響でドイツの産業界は競争力を維持するための財政支援を受けられなくなる可能性が出てきた。また、ショルツ首相の社会民主党(SPD)と財政支出に積極的な緑の党、財政規律を重視する自由民主党(FDP)の与党3党の間では、新規債務の自主的制限措置を一時停止するかどうかを巡り一段と緊迫した状態となった。

連邦政府予算のほぼ全分野に渡って今後の執行が凍結されたことは、財務省事務次官の書簡で明らかになった。この中で、同省が財政への潜在的な影響をいかに深刻に受け止めているかが示された。

新規支出の凍結は全省庁に適用される。また、財務省に近い関係筋によると、パンデミックとロシアのウクライナ侵攻後のエネルギー危機に伴う企業支援対応の「経済安定化基金」(2000億ユーロ規模)の新規支出を政府は既に凍結した。

ある政府関係者がロイターに明らかにしたところでは、政府は年内に同基金を閉鎖する意向という。

議会予算委員会のメンバーの話では連立政権は依然、来年度予算案の審議を終える審議日程を堅持している。議会では12月1日に予算案採決が予定されている。

SPD内では、財政支出拡大のため、憲法が定める「債務ブレーキ」の変更を政府に求める圧力が高まっているが、リントナー財務相は反対している。財務相の所属するFDPでは債務ブレーキを極めて神聖なものとみる党員が多い。

債務ブレーキは、2020年から22年まで、パンデミックとロシアのウクライナ侵攻がもたらす経済への影響を緩和するため解除されていた。ある政府関係者は、政府内では今年も債務ブレーキの一時的な解除が検討されていると明らかにした。ただ、正当化するには憲法裁判決に示されたガイドラインに従う必要があると指摘した。

ただ、景気低迷と物価上昇に伴って政府への支持は低迷している。政府が今後どのように進むべきかについて、世論は分かれているようだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください