ソフトバンクとKDDI、華為技術スマホ発売延期 ドコモ予約停止

ロイター / 2019年5月22日 18時3分

 5月22日、ソフトバンクとKDDI(au)は、5月下旬に予定していた中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)製スマートフォンの発売を延期すると発表した。写真は都内で2013年12月撮影(2019年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 22日 ロイター] - ソフトバンク<9434.T>とKDDI(au)<9433.T>は22日、5月下旬に予定していた中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]製スマートフォンの発売を延期すると発表した。NTTドコモ<9437.T>も夏に発売予定の「P30 Pro」の予約受付を停止した。米政府によるファーウェイ排除の動きが日本にも波及した格好で、今後、日本企業への影響がさらに広がる可能性がある。

ソフトバンクは格安ブランド「ワイモバイル」向け「P30 lite」の発売を延期した。KDDIもau向け「P30 lite Premium」とグループの格安スマホ会社UQコミュニケーションズ(東京都港区)向け「P30 lite」の発売をそれぞれ延期した。

発売延期の理由についてソフトバンクの広報担当者は「安心してお客さまに販売できる状況かどうか影響を確認中のため、発売の延期を決定した」と説明。

KDDI広報担当者も「(米政府による規制の)経緯や影響範囲など事実関係の確認を行っており、現時点で発売を判断するまでの確認には至っていないことから、総合的に判断して発売を延期した」とコメントした。

(志田義寧 編集:内田慎一)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング