1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. 国際総合

ウクライナ、譲歩の可能性排除 ロシアは東部などで攻勢強める

ロイター / 2022年5月23日 7時2分

 ロシアがウクライナ東部ドンバス地方で攻勢を強める中、ウクライナは5月21日、停戦や譲歩はしない姿勢を示した。写真は大学キャンパスへのロケット弾攻撃で破壊された建物。ドネツク地域でドローンで撮影(2022年 ロイター/Carlos Barria)

[22日 ロイター] - ロシア軍は22日、ウクライナ東部ドンバスや南部ミコライウで空爆や砲撃を実施し攻勢を強めた。こうした中、ウクライナは停戦や領土の譲歩はしない姿勢を示した。

ウクライナのイェルマーク大統領府長官は22日、ツイッターで「戦争は、ウクライナの領土の一体性と主権を完全に回復して終結しなければならない」と述べた。

侵攻開始後、外国首脳として初めてウクライナ議会で直接演説したポーランドのドゥダ大統領は、国際社会はロシアの完全撤退を要求する必要があり、領土を犠牲にすれば西側全体に「甚大な打撃」になると述べ、ウクライナの立場を支持した。

「ウクライナが(ロシアの)プーチン大統領の要求を受け入れるべきという憂慮すべき声が上がっている」とし「ウクライナだけが、その将来を決める権利を持つ」と強調した。

ウクライナのゼレンスキー大統領は、ロシアに対する経済制裁強化を改めて訴え「攻撃が停止されるべき時に、中途半端な措置を用いるべきではない」と述べた。

ウクライナのポドリャク大統領府顧問も21日、ロイターのインタビューで、即時停戦に合意する可能性を排除し、領土の譲歩が絡むいかなる合意も受け入れないと述べていた。

「(譲歩しても)戦争は終わらない。しばらく休止されるだけだ」とし「ロシアはより残忍で大規模な攻撃を新たに仕掛けてくる」との見方を示した。

また、即時停戦を求める声は「非常に奇妙」とし「(ロシア)軍はウクライナから撤退しなければならない。和平プロセスの再開はその後に可能になる」と述べた。

ここ最近では、オースティン米国防長官やイタリアのドラギ首相が即時停戦を呼び掛けている。

こうした中、マリウポリのアゾフスターリ製鉄所を完全に制圧したロシアは、ドンバス地方のルガンスクで大規模な攻勢に出ている。

ルガンスクと隣のドネツクは侵攻開始前から親ロ派勢力が一部支配しているが、ロシアはドンバスでウクライナが依然支配する地域の掌握を目指している。

ウクライナ内務省のデニシェンコ顧問は22日、セベロドネツクやリシチャンスクの周辺で最も激しい戦闘が行われていると述べた。

ルガンスク州のガイダイ知事は地元テレビで、ロシア軍が「焦土」戦術を用いていると指摘。「セベロドネツクを地上から消そうとしている」と述べた。

ロシア国防省は22日、ドンバスと南部ミコライウに空爆や砲撃を行い、ウクライナの司令部や軍事施設、弾薬庫を攻撃したと発表した。

WRAPUP 1-Ukraine rules out ceasefire as fighting intensifies in DonbasUkrainian negotiator rules out ceasefire or concessions to Russia WRAPUP 9-Ukraine rejects concessions as Russians attack in east and south

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー:参加する
ウィークリー:参加する
マンスリー:参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください