国際線夏ダイヤはANA7割減、JAL6割減 新型コロナで打撃

ロイター / 2020年3月24日 22時13分

全日本空輸(ANA)と日本航空(JAL)の航空大手2社が24日、今年の夏ダイヤの国際線における追加の減便・運休を発表した。羽田空港で2013年8月撮影(2020年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 24日 ロイター] - 全日本空輸(ANA)と日本航空(JAL)<9201.T>の航空大手2社が24日、今年の夏ダイヤの国際線における追加の減便・運休を発表した。新型コロナウイルス感染拡大に伴い世界各国が入国・出国制限を実施しており、需要が急減しているため、両社は欧米路線などの運航を取り止める。当初の計画に対し、ANAは約7割、JALは約6割の国際線減便となり、売上げは大きく落ち込み、痛手となる。

ANAホールディングス<9202.T>傘下のANAは3月29日から4月24日の間、羽田ーパリ線、羽田ーミュンヘン線、成田―ブリュッセル線、成田ーホノルル線などを運休。羽田ージャカルタ線、羽田ーバンコク線などアジア路線でも運航を取り止める。夏ダイヤでの国際線減便数は、グループ全体で当初計画の約70%にあたる計3295便を減らす。

JALは3月29日から4月30日の間、すでにハワイ路線、ソウル路線などで減便を公表していたが、感染拡大が深刻化している欧米線を中心にさらに減らす。羽田―パリ線、羽田ーヘルシンキ線、成田ーフランクフルト線などで4月23日まで運休するほか、羽田ーニューヨーク線などで減便を実施。夏ダイヤでの国際線減便数は、これまでの公表分も含めると当初計画の約64%に相当する計3315便の減便となる。

(白木真紀)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング