1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

ドイツ製造業PMI、1月速報値は60.5に上昇 供給制約緩和

ロイター / 2022年1月24日 18時14分

[ベルリン 24日 ロイター] - IHSマークイットが24日発表した1月のドイツの製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値は60.5と、前月の57.4から上昇し、5カ月ぶりの高水準となった。

供給制約が緩和し生産が大幅に増加した。

サービス部門PMIは52.2と、2カ月ぶりの高水準。市場予想と前月の実績は50を割り込んでいた。新型コロナウイルスのオミクロン株流行でも消費者・企業の間に明るいムードが広がっていることが浮き彫りとなった。

製造業とサービス業を合わせた総合PMIは54.3と、前月の49.9から上昇。4カ月ぶりの高水準となった。

IHSマークイットのエコノミクス・アソシエート・ディレクター、フィル・スミス氏は「製造業は供給制約の緩和で今年回復するだろう。ただ、すでにこのスピードで拡大していることは歓迎すべき動向だ」と指摘。

「全体としては、今年は好調なスタートを切った。第1・四半期のドイツ経済にオミクロン株が及ぼす影響について、ある程度懸念を払拭する内容だった。ただ、コスト上昇が引き続き企業の懸念要因だ。投入価格は複数の分野で急上昇が続いている」と述べた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください