米、コロナ死者3日連続で1100人超増加 感染者400万人突破

ロイター / 2020年7月24日 12時39分

ロイターの集計によると、米国の新型コロナウイルス感染者が400万人を突破した。1時間当たり平均2600人強の新規感染者が確認されており、世界で最悪のペースになっている。カリフォルニア州イングルウッドのドライブスルー検査所で20日撮影(2020年 ロイター/Mike Blake)

[23日 ロイター] - ロイターの集計によると、米国で23日に新たに報告された新型コロナウイルス感染症による死者は1118人と、3日連続で1100人を上回った。

22日の死者は1135人、21日は1141人だった。

23日は累計感染者数も400万人を突破した。1時間当たり平均2600人強の新規感染者が確認されており、世界で最悪のペースになっている。

米国の新型コロナ感染者数は1月21日に初の感染が確認されてから98日間で100万人に、その後43日間で200万人、27日間で300万人に達した。その後わずか16日間で400万人を突破し、感染ペースは衰える気配を見せていない。米国内では少なくとも82人に1人が新型コロナに感染した計算になる。

フロリダ州では、この日の新規感染者が1万0249人、死者も最多の173人となった。

米国全体の死者は14万4000人を超えた。

マスク着用を巡り、トランプ大統領は全国的な義務付けを行っていないが、米保健省高官はこの日、新型コロナの感染拡大抑制におけるマスクの重要性を指摘。「マスクを着用し、人込みを避けるという緩和措置を行う必要がある」と述べた。

世界で新型コロナ感染が深刻な20カ国中、米国の人口当たり感染者数はチリに次いで2番目に高い。人口当たりの死者数は英国が最多で、スペイン、イタリア、チリ、フランス、米国が続く。

世界で感染者数が100万人を突破しているのは、米国のほか、ブラジルとインドのみ。

ブラジルでは前日の新規感染者数がこれまでの最多を記録。累計では感染者が220万人超、死者が約8万3000人と、中南米で最悪となっている。

インドの感染者数は120万超、死者は約3万人。

*本文中の不要な情報を削除して再送しました。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング