健康な若年層、コロナ感染症から回復に数週間 症状軽くても=CDC

ロイター / 2020年7月25日 4時12分

[24日 ロイター] - 健康な若年層が新型コロナウイルスに感染した場合、症状が軽度であっても、健康な状態に回復するのに数週間かかることが、米疾病対策センター(CDC)の調査で示された。

CDCは4月15─6月25日、国内13州で新型コロナ検査を受けた18歳以上の感染者292人を対象に、検査から14─21日後に電話で聞き取り調査を行った。うち検査時に何らかの症状を発症していたのは274人。

調査では、35%が検査で陽性が確認されてから2─3週間後でも完全に健康な状態に戻っていないと回答した。

聞き取り調査時点で完治していないとの回答は、年齢別で18─34歳が26%、35─49歳が32%、50歳以上が47%だった。

検査時に確認された咳や疲労感、息切れなどの症状はその後数週間続いているという。

CDCによると、23日夕時点で米国の新型コロナ感染者は7万2219人増加し、累計402万4492人。死者数も1113人増加し、14万3868人となった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング