ANAとJAL、中国・広州線など一部再開 ビジネス需要増

ロイター / 2020年9月24日 16時47分

ANAホールディングス傘下の全日本空輸(ANA)と日本航空(JAL)は24日、広州など中国路線の一部を再開すると発表した。ビジネス客の渡航需要が高まっており、運航を規制している中国当局から許可が下りたため。写真は2016年、羽田空港の両社のロゴ。(2020年 ロイター/Toru Hanai/File Photo )

[東京 24日 ロイター] - ANAホールディングス<9202.T>傘下の全日本空輸(ANA)と日本航空(JAL)<9201.T>は24日、広州など中国路線の一部を再開すると発表した。ビジネス客の渡航需要が高まっており、運航を規制している中国当局から許可が下りたため。

新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う各国の出入国制限により国際線は大幅な運休減便を強いられてきたが、ここへきてビジネス客を中心に渡航ニーズが高まっており、運航再開の動きが少しずつ出てきた。ANA、JAL両社とも新型コロナ感染拡大以降、運休していた中国路線の定期便再開はこれが初めてとなる。

ANAは9月30日から週1往復で成田―広州線のほか、成田ー青島線を再開する。新型コロナ感染拡大後も成田―上海線の運航を週1往復で続けているが、「今後、増便も検討している」(広報担当者)という。

JALも成田―広州線を10月2日から週1往復で再開する。新型コロナ発生以降も成田―大連線の運航を続けているが、9月18日以降は週2便から週3便へ増やしており、10月中も週3便のまま運航する。

中国当局は航空各社に対し、3月29日から中国と外国を結ぶ路線について1社1路線で週1回のみの運航しか認めてこなかったが、現地の経済活動再開に伴い少しずつ規制は緩和されつつある。今回、各社が運航を再開する広州には自動車などの製造業が多く進出しており、赴任者が現地に戻る動きが出始めている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング