コロナ感染、東南アジアと地中海東部除き拡大ペース鈍化=WHO

ロイター / 2020年8月25日 20時3分

 世界保健機関(WHO)は24日夜、新型コロナウイルス感染に関する最新の状況を公表した。写真はクアラルンプール。11日撮影(2020年 ロイター/Lim Huey Teng)

[ジュネーブ 25日 ロイター] - 世界保健機関(WHO)は24日夜、新型コロナウイルス感染に関する最新の状況を公表した。感染の拡大はなお続いているが、東南アジアと地中海東部地域を除いて新規感染者と死者の増加ペースは鈍化していることが明らかになった。

23日までの1週間に新たに報告された全世界の感染者は170万人強で前週比4%減少した。死者は3万9000人で12%減った。

米州が依然として最悪の状況で、新規感染者の半分、死者の62%を占めた。

東南アジアでは感染者が急増し、新規感染者は全体の28%、死者は15%となった。引き続きインドが大半を占めたが、ネパールで感染が急速に拡大していると指摘した。

地中海東部地域では新規感染者が4%増えたが、死者の数は過去6週間で一貫して減少している。レバノン、チュニジア、ヨルダンで感染が最も増えた。

アフリカは新規感染者が8%、死者は11%それぞれ減少した。「アルジェリア、ケニア、ガーナ、セネガル、南アフリカで減少したことが主因」としている。

欧州については過去3週間、感染者が増えていたが、最新週では1%減少し、死者も引き続き減少した。

西太平洋地域の新規感染者は5%減少した。日本、オーストラリア、シンガポール、中国、ベトナムでペースが一服した。一方韓国は180%急増。「主に宗教的な集会に関連した感染増加が原因」と指摘した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング