NHK関係者に抗議の電話していない=山田内閣広報官

ロイター / 2021年2月25日 12時19分

 2月25日 菅義偉首相の長男正剛氏が勤める放送事業会社、東北新社から高額の会食接待を受けた山田真貴子内閣広報官は参考人として出席した衆院予算委員会で、首相が昨年出演した番組に関して、NHK関係者に抗議の電話はしていないと語った。写真は衆院予算委員会で答弁する山田内閣広報官。2月25日、国会内で撮影(2021年 時事通信)

[東京 25日 ロイター] - 菅義偉首相の長男正剛氏が勤める放送事業会社、東北新社から高額の会食接待を受けた山田真貴子内閣広報官は25日、参考人として出席した衆院予算委員会で、首相が昨年出演した番組に関して、NHK関係者に抗議の電話はしていないと語った。

黒岩宇洋委員(立民)と後藤祐一委員(立民)は、首相が昨年出演したNHK番組での学術会議問題に関するキャスターの質問について、山田広報官がNHK側に抗議したのではないかと質問した。

山田広報官は「首相の番組出演後に(NHKに)電話したことはない」、「NHK関係者に発信したことはない」などと否定した。同委にはNHKの前田晃伸会長も出席し、「山田広報官から抗議の電話を受けた事実はない」と述べた。

山田広報官は答弁の冒頭、総務審議官時代に7万円を超える接待を受けたことについて「違反行為で公務員の信用を損なうことになり、深く反省し、おわびを申し上げたい」と陳謝した。東北新社との会食は「1回が確認されているのみだ」と説明した。

(竹本能文)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング