1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. 国際総合

米、単独でウクライナに派兵せず NATOが焦点=ホワイトハウス

ロイター / 2022年1月26日 3時9分

1月25日、米国家安全保障担当副大統領補佐官のジョナサン・ファイナー氏は、ウクライナ情勢が緊迫化する中、軍部隊の移動について北大西洋条約機構(NATO)があらゆる決定を下すと述べた。写真は2019年10月、ラトビアで撮影(2022年 ロイター/Ints Kalnins)

[ワシントン 25日 ロイター] - 米ホワイトハウスは25日、バイデン大統領は単独でウクライナに派兵する意向は持っていないと表明した。

ホワイトハウスは「バイデン大統領はウクライナに軍を派遣する意図も関心も持っていない。北大西洋条約機構(NATO)が東部のパートナー国を支援する機構となっており、焦点はNATOにある」と述べた。

これに先立ち、米国家安全保障担当副大統領補佐官のジョナサン・ファイナー氏は、ウクライナ情勢が緊迫化する中、軍部隊の移動についてNATOがあらゆる決定を下すと指摘。CNNとのインタビューで「(軍部隊の移動は)NATOが決定することだ」とし、「NATOが部隊配備に関する調整について決定を下す。決定が下されれればすぐにでも動く用意がある」と述べた。

ロシアがウクライナに侵攻する前に部隊が展開される可能性があるかとの質問に対しては「いかなる選択肢も排除していない」と応じた。

その上で「同盟国の領土以外には配備されない。ただし、その時期と判断については全ての同盟国と十分に協議した上でNATOに委ねられる」と語った。

北大西洋条約機構(NATO)は24日、欧州東部に艦艇や戦闘機を増派し、南東部にも追加部隊を派遣する姿勢を表明。米政府は同日、必要に応じて極めて短時間で欧州に派遣できるよう、兵士約8500人を派兵待機とした。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください