韓国中銀、初の「無制限」オペ実施へ 市場の動揺受け

ロイター / 2020年3月26日 13時39分

<description role="descRole:caption"> 3月26日、韓国銀行(中央銀行)は、3カ月物の資金供給オペを一時的に「無制限」で実施すると発表した。写真は韓国銀。ソウルで2016年3月撮影(2020年 ロイター/Kim Hong-Ji) </description>

[ソウル 26日 ロイター] - 韓国銀行(中央銀行)は26日、3カ月物の資金供給オペを一時的に「無制限」で実施すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大で動揺するマネー市場に資金を供給する。韓国銀行が無制限の資金供給を行うのは初めて。

6月末まで毎週レポ入札を行う。より幅広い金融機関が、金利0.85%以下で資金供給を受ける。

韓国銀行はまた、国営企業が発行した債券を含め、オペの適格担保も拡大する。

会見した韓国銀行幹部は「市場の需要をすべて満たす(資金を)供給する。したがって、量的緩和を開始したと言っても間違いではないだろう」とした上で「他の先進国の量的緩和とは異なる」と述べた。

発表を受け、3年物の国債先物6月限は急上昇。0257GMT(日本時間午前11時57分)時点で0.24%高の111.39。

韓国は24日、新型ウイルスの感染拡大により影響を受けた企業を支援し、株式・債券市場の下落に対応するため、政府の対策の規模を100兆ウォン(800億ドル)に倍増させることを決めた。

中銀は声明で「このオペを通じ、政府による100兆ウォン規模の支援策に十分な資金を提供する」とし、政府との連携姿勢を打ち出した。

韓国では今月、ウォンとのスワップを通じたドルの調達コストが、世界的な金融危機以降で最高の水準に上昇。社債と国債の利回りスプレッドも拡大していた。

*内容を追加し、写真をつけました。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング