米国務長官、メキシコを「バーチャル訪問」 移民や貿易など協議

ロイター / 2021年2月27日 5時46分

Secretary of State Antony Blinken, speaks in the Benjamin Franklin room at the State Department, during a virtual meeting with Mexican Secretary of Economy Tatiana Clouthier, who is in Mexico City, in Washington, U.S. February 26, 2021. Manuel Balce Ceneta/Pool via REUTERS

[メキシコ市 26日 ロイター] - ブリンケン米国務長官は26日、「規則に沿っていない入国に対する国境は閉じられている」とし、米国が入国管理法を厳格に施行する考えをメキシコに伝えた。

ブリンケン長官はテレビ会議「バーチャル訪問」を開催し、メキシコの閣僚らと会談。「バイデン大統領は米移民制度の改革と米国境における安全かつ秩序ある人道的な手続きを確実にすることにコミットしているが、時間を要する」と語った。

バイデン政権は、難民受け入れに後ろ向きだった前政権の政策を見直すと同時に、米国の移民制度が刷新されるまで、合法的な入国書類なしで米入国を試みることを防止するよう、中南米諸国などに促している。

バーチャル訪問では、貿易や気候変動、国家安全保障などについても協議が行われた。メキシコのクルティエル経済相は、ロペスオブラドール大統領が北米自由貿易協定(NAFTA)に代わる新協定「USMCA(米国・メキシコ・カナダ協定)」を新型コロナウイルス危機後の景気回復に向けた主要な手段と考えているほか、サプライチェーンの強化に向けてバイデン大統領と連携する用意があると語った。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング