1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. 国際総合

ロシアのウクライナ侵攻、北京五輪中なら中国の気分害す=米高官

ロイター / 2022年1月27日 0時17分

シャーマン米国務副長官は26日、来月初旬から開催される北京冬季五輪中にロシアがウクライナに侵攻した場合、中国の習近平国家主席は快く思わないだろうと述べた。2021年12月撮影(2022年 ロイター/Sergey Pivovarov)

[ワシントン 26日 ロイター] - シャーマン米国務副長官は26日、来月初旬から開催される北京冬季五輪中にロシアがウクライナに侵攻した場合、中国の習近平国家主席は快く思わないだろうと述べた。

シャーマン氏は、ロシアのプーチン大統領が侵攻を決定したかどうかは分からないが、2月中旬までに侵攻する可能性が示唆されたと指摘。「2月4日には北京冬季五輪の開会式があり、プーチン大統領も出席する予定であることは周知の事実だ。ウクライナ侵攻を巡りプーチン氏がこのタイミングを選んだとしたら、習主席は熱狂できないだろう。このことが侵攻のタイミングやプーチン氏の考えに影響を与えるかもしれない」とした。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください