中国人民銀、期間7日のリバースレポで1200億元供給 金利据え置き

ロイター / 2020年5月27日 11時42分

 5月27日、中国人民銀行(中央銀行)は、期間7日のリバースレポを通じて1200億元(168億ドル)を供給したと発表した。写真は北京で4月撮影(2020年 ロイター/CARLOS GARCIA RAWLINS)

[上海 27日 ロイター] - 中国人民銀行(中央銀行)は27日、期間7日のリバースレポを通じて1200億元(168億ドル)を供給したと発表した。2日連続の資金供給となった。金利は2.20%に据え置いた。

人民銀は声明で、資金供給は国債発行の影響を相殺し、「銀行システムの流動性を適度に潤沢に保つ」狙いがあったと説明した。

27日に満期を迎えるリバースレポはないため、供給額はネットで1200億元となる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング