1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. 国際総合

米USTR代表、個別国のデジタル税撤廃訴え トルコ商務相と会談

ロイター / 2021年8月27日 13時2分

 米通商代表部(USTR)のタイ代表(写真)はトルコのムシュ商務相と会談し、世界130以上の国・地域による国際課税ルール見直しを巡る合意に基づき、個別国が課しているデジタルサービス税を撤廃する必要があると訴えた。写真は5月にワシントンで代表撮影(2021年 ロイター)

[ワシントン 27日 ロイター] - 米通商代表部(USTR)のタイ代表はトルコのムシュ商務相と会談し、世界130以上の国・地域による国際課税ルール見直しを巡る合意に基づき、個別国が課しているデジタルサービス税を撤廃する必要があると訴えた。USTRが26日、声明を出した。

声明によると、両氏は25日に行われたバーチャル会談でデジタルサービス課税やトルコでの米企業のアクセス改善などについて協議した。

タイ代表は、経済協力開発機構(OECD)主導の国際交渉や20カ国・地域(​G20)での協議プロセスに伴い「個別のデジタルサービス税を撤廃することが非常に重要だと米国は見なしている」と表明。

また、同税を巡る問題では、多国間交渉が問題解決の最善の機会になるとの見方を示した。

OECD加盟国を含めた130以上の国・地域は今夏、法人税の国際的な最低税率を15%とするなど、国際課税ルールの見直しで合意した。

G20は10月にローマで開く首脳会議までに法人課税強化に向けた最終合意を目指している。

USTRは6月、米企業に対するデジタルサービス課税への報復措置として、トルコを含む6カ国から輸入する20億ドル超相当の製品に対し25%の関税を導入すると表明した。しかし、デジタル課税の国際ルール作りに向けた交渉の時間を確保するために実施は遅らせた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング