1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. 国際総合

英主要都市、最大9割のガソリンスタンド在庫切れ パニック買い

ロイター / 2021年9月27日 20時13分

英国の主要都市では27日、最大9割のガソリンスタンドで燃料在庫が底をついた。トラック運転手の不足により、製油所からの燃料輸送が困難になっている中で、パニック買いが起きているためだ。ガソリン切れのスタンド、ロンドンで26日撮影。(2021年 ロイター/Paul Childs)

[ロンドン 27日 ロイター] - 英国の主要都市では27日、最大9割のガソリンスタンドで燃料在庫が底をついた。トラック運転手の不足により、製油所からの燃料輸送が困難になっている中で、パニック買いが起きているためだ。

小売り企業は英経済が大打撃を被りかねないと警鐘を鳴らしている。

英国では新型コロナウイルスの感染拡大で、食品、燃料などのサプライチェーンが混乱。欧州連合(EU)離脱後のタンクローリー運転手の不足も重なり、クリスマスに向けて物流の混乱や物価の上昇が広がるとの懸念が浮上している。

政府は国民にパニック買いを控えるよう呼び掛けているが、全国のガソリンスタンドには26日、長蛇の列ができた。多くのガソリンスタンドは閉鎖を余儀なくされ、27日に販売できる燃料はないとの張り紙を出している。

ガソリン小売協会(PRA)は、一部の地域で50-90%のガソリンスタンドが在庫切れの状態に陥っていると表明。

タイムズ紙とフィナンシャル・タイムズ紙(FT)によると、政府は軍を投入して消費者に燃料を供給することを検討している。

ただ、運送業者、ガソリンスタンド、小売り業者は、10万人前後と推定されるトラック運転手の不足を直ちに解消する手立てはないと指摘。燃料輸送には追加の研修と免許が必要になる。

英小売り業界は24日、10日以内にトラック運転手不足の緩和に動かなければ、クリスマスに向けて大規模な混乱は避けられないと政府に警告。

スーパー、食品加工業者、農家は数カ月前から重量物運搬車両の運転手不足で、サプライチェーンが限界に達しており、商品棚にモノを届けられないと訴えてきた。

クワルテング・ビジネス相は競争法の運用を一時的に停止。関係各社が情報を共有し、協力して対応できる態勢を打ち出した。政府は26日、外国人のトラック運転手5000人に短期の入国ビザ(査証)を発行する計画を発表した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング