1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

ソフトバンクGのクラウレCOOが辞任へ、報酬巡り対立=関係筋

ロイター / 2022年1月28日 6時33分

ソフトバンクグループのマルセロ・クラウレ最高執行責任者(COO)が27日にも辞任する方向で調整していることが分かった。2021年2月撮影(2022年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[27日 ロイター] - ソフトバンクグループのマルセロ・クラウレ最高執行責任者(COO)が辞任する方向で調整していることが、関係者の話で分かった。報酬を巡り創業者の孫正義社長と対立しているという。

28日朝に東京で発表される見込み。

先に報じたCNBCによると、クラウレ氏は数カ月前から辞任交渉をしていた。また、クラウレ氏は近く自身の投資会社を立ち上げる可能性があるとした。

クラウレ氏の2020年の報酬は1700万ドルだったが、関係者によるとクラウレ氏は長期にわたり数十億ドルの報酬を期待していたという。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください