1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

X、広告収入最大7500万ドル喪失も 反ユダヤ主義的言動で=NYT

ロイター / 2023年11月27日 10時32分

 実業家イーロン・マスク氏が所有する米ソーシャルメディア企業のX(旧ツイッター)は、数十に上る主要ブランドによる広告掲載の停止のため、年末までに広告収入を最大7500万ドル失う可能性がある。米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)が24日報じた。サンフランシスコで7月30日撮影(2023年 ロイター/Carlos Barria)

[24日 ロイター] - 実業家イーロン・マスク氏が所有する米ソーシャルメディア企業のX(旧ツイッター)は、数十に上る主要ブランドによる広告掲載の停止のため、年末までに広告収入を最大7500万ドル失う可能性がある。米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)が24日報じた。

マスク氏が反ユダヤ主義的な投稿を支持したことから、米メディア・娯楽大手ウォルト・ディズニー、米映画大手ワーナー・ブラザース・ディスカバリーなどがXへの広告出稿を止めている。

Xは今月、X上でアップルやオラクルなどの大手ブランドの広告がヒトラーやナチスを賛美する反ユダヤ主義的な投稿と並んで表示されていると指摘したメディア監視団体「メディア・マターズ」を名誉棄損で提訴した。

NYTが今週入手した社内文書によると、米民泊仲介大手エアビーアンドビー、米飲料大手コカ・コーラ、マイクロソフトなど200社余りがXでの広告を一時停止したか、一時停止を検討しているという。

Xは同日、1100万ドルの収入がリスクにさらされているが、一部の広告主が広告掲載を再開したり、広告支出を増やしたりしたため、正確な数字は変動していると説明した。

Xの米国での月間広告収入はマスク氏の買収以来、前年比で少なくとも55%減少している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください