1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

北京証取、上場企業の大株主による株式売却を事実上阻止=関係筋

ロイター / 2023年11月27日 18時23分

北京証券取引所は、上場企業の大株主に対し、株式売却の急増が市場の地合いを悪化させることへの懸念から、保有株を売却する資格があっても売却しないよう要請した。写真は2022年2月、北京で撮影(2023年 ロイター/Florence Lo)

[上海/北京 27日 ロイター] - 北京証券取引所は、上場企業の大株主による株式売却を阻止する新方針を事実上導入した。こうした大規模な売りが上昇基調に冷や水となることを懸念した。事情に詳しい関係筋3人が明らかにした。

中国の証取規則によると、「大株主」は5%以上を保有する株主を指し、株式を売却するには該当する証取に申請する必要がある。

北京証取はこうした申請の受付を拒否しており、この新方針がいつまで続くかは今のところ不明という。

北京証取も中国証券監督管理委員会もコメントの要請に応じていない。

北京証取に上場する株式は景気支援策を好感して急騰している。北京証券取引所50指数は先週の21%急騰に続き、27日午前には約10%上昇した。

北京証取は「小さな巨人」と呼ばれるイノベーションに富んだ中小企業の資金調達の場として2年前に開業したが、投資家の関心が薄く、株価は低迷していた。

だが、その後、投資家に対し株式口座への預託を義務付ける金額を引き下げたり、投資信託に市場への参加を奨励するといった措置が奏功し、指標となる株価指数は今月46%値上がりしている。

現在の上場企業は232社。市場の時価総額は3660億元(500億ドル)。

上海証券取引所は上場企業が2256社、時価総額が47兆元。深セン証券取引所はそれぞれ約3000社、31兆9000億元。

*システムの都合で再送します。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください