米、台湾渡航試みた香港市民釈要求 内政干渉と中国反発

ロイター / 2020年12月28日 17時20分

 12月28日、北京の米大使館は、香港から台湾に向かう途中に海上で拘束された12人の香港市民について、直ちに釈放し出国を認めるよう求めた。写真は北京にある米国大使館。9月撮影(2020年 ロイター/Carlos Garcia Rawlins)

[北京 28日 ロイター] - 中国外務省の趙立堅報道官は28日、米国に香港問題を利用して中国国内の問題に介入するのを止めるよう訴えた。

北京の米大使館は28日、香港から台湾に向かう途中に海上で拘束された12人の香港市民について、直ちに釈放し出国を認めるよう求める声明を発表。「(拘束された市民の)『犯罪』は専制政治から逃れようとしたことだ。中国共産党は国民が海外に自由を求めることを阻止するためならどんなことでもする」と表明した。

趙報道官は会見で、米大使館の主張は「事実を無視している」として断固反対すると発言。米国に中国の国内問題への介入を止めるよう求めた。

*内容を追加しました。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング