新型コロナ、季節性ではない 北半球で慢心禁物=WHO

ロイター / 2020年7月28日 22時31分

世界保健機関(WHO)は28日、新型コロナウイルスは季節性インフルエンザとは異なるため、夏季に入っている北半球で慢心してはならないと警告した。マドリードで28日撮影(2020年 ロイター/JAVIER BARBANCHO)

[ジュネーブ 28日 ロイター] - 世界保健機関(WHO)は28日、新型コロナウイルスは季節性インフルエンザとは異なるため、夏季に入っている北半球で慢心してはならないと警告した。

WHOのマーガレット・ハリス報道官は記者会見で「季節性が意識されているが、これは新しいウイルスで、感染の仕方は異なる」と指摘。感染状況は季節による影響を受けていないように見えるとし、感染拡大抑制策を実施するよう呼び掛けた。

また、感染拡大を複数の波として考えることについては、「1つの大きな波で、大きくなったり小さくなったりする。波を平坦化することが最善の策となる」と述べた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング