1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

IMF・世銀・BIS、開発金融手段の「トークン化」で初協力

ロイター / 2023年11月29日 13時22分

 国際通貨基金(IMF)、世界銀行、国際決済銀行(BIS)は、開発支援業務で用いる金融商品の「トークン化」で初めて協力する。BISの高官セシリア・スキングスレー氏(写真)が28日、明らかにした。写真はワシントンで昨年10月撮影(2023年 ロイター/Elizabeth Frantz)

[ロンドン 28日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)、世界銀行、国際決済銀行(BIS)は、開発支援業務で用いる金融商品の「トークン化」で初めて協力する。BISの高官が28日、明らかにした。

3機関はトークン化で先行するスイス中央銀行とも連携する。トークン化で実物資産をデジタル資産にすることで、高速処理が可能になる。

当初は、富裕国が世銀の低所得国支援のための基金に資金を供出する際に用いる約束手形をトークン化して、必要に応じて簡単に送金できるようにするなど、単純な書類上の手続きを中心にトークン化に取り組む。

BIS高官のセシリア・スキングスレー氏はワシントンのイベントで「新興国や途上国に開発資金を提供するプロセスの簡素化で協力する」と説明。

また、国際的なマネーロンダリング(資金洗浄)などの問題への対処方針や関連規制を暗号化して「共通手順」とする可能性にも道が開かれると指摘した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください