1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

東京マーケット・サマリー

ロイター / 2023年11月29日 18時24分

■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

<外為市場>

ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円

午後5時現在 147.34/147.35 1.0983/1.0987 161.84/161.88

NY午後5時 147.47/147.50 1.0990/1.0994 162.10/162.14

午後5時のドル/円は、前日NY午後5時から小安い147円前半で推移している。米金利の低下を受けてドルが弱含む展開は変わらず、一時146円台まで下げ幅を広げ、2カ月半ぶり安値を更新した。

<株式市場>

終値 前日比 寄り付き    安値/高値  

日経平均 33321.22 -87.17 33244.43 33,179.07─33,516.23

TOPIX 2364.50 -12.21 2366.15 2,358.27─2,376.85

プライム市場指数 1216.62 -6.42 1218.23 1,213.47─1,223.05

スタンダード市場指数 1160.72 +3.01 1156.44 1,156.35─1,162.68

グロース市場指数 916.63 +11.95 903.82 903.82─920.51

グロース250指数 720.97 +9.85 710.39 710.39─724.30

東証出来高(万株) 136815 東証売買代金(億円) 35441.01

東京株式市場で日経平均は、前営業日比87円17銭安の3万3321円22銭と、3日続落して取引を終えた。円高進行が嫌気された。日米金利の低下を受けて高PER(株価収益率)銘柄に買いが入り、プラスに転じる場面もあった。

東証プライム市場の騰落数は、値上がりが565銘柄(34%)、値下がりは1049銘柄(63%)、変わらずは43銘柄(2%)だった。

<短期金融市場> 

無担保コール翌日物金利(速報ベース) -0.022

ユーロ円金先(23年12月限) ───

3カ月物TB ───

無担保コール翌日物の加重平均レートは、速報ベースでマイナス0.022%になった。前営業日(マイナス0.021%)から小幅低下した。「市場参加者の資金調達余力はあるものの、今週に入り目線が下がっている。レートはやや低下傾向となりやすいものの、どこかのタイミングで下げ止まるのではないか」(国内金融機関)という。

<円債市場> 

国債先物・23年12月限 146.62 (+0.77)

安値─高値 146.13─146.63

10年長期金利(日本相互証券引け値) 0.675% (-0.075)

安値─高値 0.700─0.675%

国債先物中心限月12月限は前営業日比77銭高の146円62銭と大幅続伸して取引を終えた。10年最長期国債利回り(長期金利)の引け値は、前営業日比7.5bp低下の0.675%。米金利の低下や日銀の国債買い入れオペのオファー額が据え置かれたことがサポート要因となり、堅調に推移した。

<スワップ市場・気配> 

2年物 0.29─0.19

3年物 0.41─0.31

4年物 0.50─0.40

5年物 0.59─0.49

7年物 0.77─0.67

10年物 0.99─0.89

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください