1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

日経平均は大幅続落、オミクロン株への警戒強まり2万8000円割れ

ロイター / 2021年11月30日 16時0分

 11月30日、東京株式市場で日経平均は大幅続落となった。都内の株価ボード前で2020年10月撮影(2021年 ロイター/Issei Kato)

[東京 30日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は大幅続落となった。新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」への警戒感が強まり、心理的節目の2万8000円を10月13日以来、約1カ月半ぶりに割り込んだ。後半は売り急ぐ展開となり、ほぼきょうの安値で引けた。

東証1部の売買代金は、MSCI(モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル)が定期銘柄入れ替えを行うのに伴ってリバランスが活発化したとみられることから、5兆4893億7600万円と今年2番目の大商いとなった。

29日の米国株式市場は上昇。オミクロン株について、バイデン米大統領がロックダウン(都市封鎖)の再導入にはつながらないと述べ、安心感が広がった。

これを受けて日本株も反発してスタート。ただ、買い一巡後は「引け後にMSCIが銘柄入れ替えを行うのに伴い2000億円超の資金流出が観測されていることから買いが手控えられた」(東海東京調査センター・シニアストラテジストの中村貴司氏)といい、中盤から伸び悩んだ。

さらに、後場に入ってから、米モデルナの最高経営責任者(CEO)がオミクロン株について、ワクチンの効果が低下する可能性が高いと指摘したという一部報道を受け、時間外取引で米株先物が下げに転じた。日本株も急速に値を消し、相場全体が売り急ぐような展開となった。

市場では「朝方から徐々に下げていたのはMSCIを警戒した動きに見えるが、午後の急落はモデルナCEOの発言がきっかけになった」(国内証券)との声が聞かれた。

TOPIXは1.03%安。東証1部の売買代金は5兆4893億7600万円の大商い。東証33業種では、鉄鋼、海運業、非鉄金属などの下げが目立ち、値上がりは陸運業など3業種にとどまった。

個別では、ファーストリテイリングが大幅安となり年初来安値を更新したほか、朝高だった東京エレクトロンなど半導体関連株が後半に値を消した。半面、ソニーグループが小じっかり。

東証1部の騰落数は、値上がり572銘柄に対し、値下がりが1533銘柄、変わらずが79銘柄だった。

終値 前日比 寄り付き    安値/高値  

日経平均 27821.76 -462.16 28611.73 27819.14

─28718.70

TOPIX 1928.35 -20.13 1969.75 1928.35

─1978.44

東証出来高(万株) 254576 東証売買代金(億円) 54893.76

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください